審美入れ歯治療 | オーラルビューティークリニック白金
フリーダイヤル0120-730-118

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 入れ歯が痛くてかめない
  • 入れ歯がゆるい
  • うまくかみ合っていない
  • 入れ歯にしてから口元のしわが増えた
  • うまくしゃべれない
  • 入れ歯が古くなって色が付き、削れてきている
  • 入れ歯がにおう

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯は素材や作り方、歯科医師の習熟度で大きな違いが出ます。

自費 保険
人工歯 色・形・素材をオーダーメイド 変色しやすく、減りやすい
歯肉部 自然に見えて汚れがつきにくい 不自然なピンクで入れ歯っぽく見える
義歯床 薄く、違和感も少なく、外れにくい 分厚く、違和感が強い。熱や味を感じにくくなる
維持装置 残っている歯に負担をかけず、見た目にも配慮 太い針金でスキマがあり、見た目も悪い
総入れ歯の場合 治療用の入れ歯を作るため、精密な入れ歯が作れる 見た目も食べられるものも制限される
部分入れ歯の場合 残存歯を守りながら、しっかりかめる入れ歯が作れる 残存歯に負担が生じ、抜歯になりやすい
イメージ 入れ歯 自費 入れ歯 保険

どんな入れ歯が良い入れ歯? 3つのポイント

1. 外れないぴったり

外れやすい入れ歯では、怖くて友人と食事やおしゃべりが楽しめません。入れ歯が浮いて、ご飯が食べにくいです。

2. かめるかみ合わせ

好きな食べ物やおいしい食事を楽しめることは、人生を豊かにします。かめない入れ歯では、お粥みたいなものしか食べられません。

3. 見た目審美性

歯がなくなれば、歯茎や骨も喪失します。口元にハリがなくなり、シワが増え、老けてしまいます。いかにも入れ歯っぽいと、やはり気になりますよね。

良い入れ歯

外れない入れ歯を作るには?

1. 前処置

治療用入れ歯で歯肉を治す
傷ついた粘膜を柔らかい素材の治療用入れ歯を使って治します。
残っている歯を治す
入れ歯の機能を最大限高めるために、残存歯の虫歯や歯周病を治療します。

2. 精密な型取り

専用のトレーを作る
患者様専用のトレーを使い、ぴったりした型取りをします。その時に様々な口の動きをしていただきます。

3. かみ合わせの安定(奥歯)

歯並びの位置決め
食事をした時に外れないように、奥歯に力がかかったときの安定を図ります。

かめる入れ歯にする設計のコツ

1. 残っている歯を活かす
被せ物で最適化
2. 維持装置の設計
ガタつかないデザイン
3. かみ合わせの位置ぎめ
高さ、水平的な中心

表情を若々しく変える入れ歯のポイント

前歯の位置と唇の位置を合わせる
笑った時に上の前歯が見えると若く見える
鼻先から顎の下の長さを決定
短いと老けた顔に
シワが目立たないようハリを出す
ほうれい線を目立たなく
実年齢より10歳若い自然な白い歯を入れる
性別に合った歯の形、各年代のオススメの歯の色
女性的な歯型
歯の形で女性らしさを表現するには、カドのない丸みを帯びた卵型が理想とされています。
男性的な歯型
歯の形で男性らしさを表現するには、カドのある力強い形が理想とされます。

治療の流れ

  1. カウンセリング・診査・診断

    イメージ
    過去に作った入れ歯の経緯、現在お困りの点、今後の希望などを細かく聞かせてください。
  2. 治療方針や費用の説明

    イメージ
    治療方針、カウンセリング、戦略の説明→安心のための第一歩です。
  3. 治療用入れ歯の作成+前処置

    イメージ
    古い入れ歯によって傷ついた歯肉を治します。残っている歯の虫歯や歯周病の治療をします。
  4. 本入れ歯用の型取り

    イメージ
    専用のトレーで機能印象(実際に入れ歯を使うときの、口の中や周りの筋肉の動きを記録した型)を取ります。
  5. かみ合わせの決定

    イメージ
    顎が楽な位置でかめるようにします。
  6. 審美性のチェック(歯の位置・色・形)

    イメージ
    口元を若返らせると全体の印象が明るくなります。
  7. 本入れ歯の完成

    イメージ
    おいしく食べる、思いっきり笑える人生を楽しみましょう。
  8. 本入れ歯の調整とメンテナンス

    イメージ
    上手に使えるようにリハビリが必要です。

総入れ歯の種類

金属床(チタン)

軽くて上部で生体親和性の高い(体に安全でやさしい)チタンをプレスし、金属床として使った入れ歯です。はめた感じがとても良く、口の中が広く感じられます。ただし、部分入れ歯の方には基本的には適用することが出来ません。

金属床(コバルトクロム)

保険入れ歯の約1/3の薄さで、熱が伝わりやすいだけでなく耐久性にも優れているため快適な状態で長くお使いいただける入れ歯です。

レジン床義歯(保険適応)

日本国内で一番使用されている入れ歯です。大抵どの地域、医院でも取り扱いがあり、修理がしやすいです。他方、匂いや汚れが付きやすく、掃除をきちんとする必要があります。

部分入れ歯の種類

金属床(コバルトクロム)

保険入れ歯の約1/3の薄さで、熱が伝わりやすいだけでなく耐久性にも優れているため快適な状態で長くお使いいただける入れ歯です。

スマイルデンチャー

金属の針金を使用せず歯や歯茎と同色のフックを使用するので、目立たないのがメリット。さらに違和感が少なく、金属アレルギーの心配もありません。柔らかいので傷つけないよう注意が必要です。

レジン床技師(保険適応)

日本国内で一番使用されている入れ歯です。大抵どの地域、医院でも取り扱いがあり、修理がしやすいです。他方、匂いや汚れが付きやすく、掃除をきちんとする必要があります。

価格

部分入れ歯

金属床(コバルトクロム) 300,000円(目安)
スマイルデンチャー(金属なし) 150,000円~(目安)
レジン床義歯(保険適応) 10,000~20,000円(目安)

総入れ歯

チタン床義歯 500,000円(目安)
コバルトクロム床義歯 400,000円(目安)
レジン床義歯(保険適応) 30,000円弱(目安)

院長からのメッセージ

園延 昌志
  • オーラルビューティークリニック白金 院長
  • 国立新潟大学卒業
  • 東京医科歯科大学臨床研修終了(補綴科)

自分のおばあちゃんに、死ぬまで使える最高の入れ歯を作ってあげました。

なんでも美味しく食べられると、90歳で亡くなるまでずっと使ってくれました。

そんな入れ歯を作りたいと思います。

ページトッップへ