インプラント矯正 | オーラルビューティークリニック白金

インプラント矯正

  • セラミック治療
  • マウスピース
  • ガミースマイル治療
  • 術後シミュレーション

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正は、歯がなくなった箇所に行うインプラント治療とは全く異なる治療法です。

インプラント矯正は歯の矯正治療のひとつで、インプラントアンカーと呼ばれるネジを歯ぐき部分に埋入し、一般的な矯正治療よりも歯を大きく動かし歯並びを改善していきます。

本来「骨切り」と呼ばれる外科手術が必要な中度~重度のガミースマイルの症例の一部でも、インプラント矯正治療のみでガミースマイルを改善できるようになりました。

インプラント矯正ってどんな治療?

インプラント矯正は、通常のワイヤー&ブラケット矯正に加えて、インプラントアンカーと呼ばれるネジを固定源とする場所に打つことで歯並びを大きく動かす治療法です。

インプラント矯正によって、中度~重度の歯並びを口腔外科治療を受けずに改善することができるようになりました。

例えば中度~重度のガミースマイルで、上顎の骨自体が前に出ている場合、今までであれば「Le Fort I型骨切り術」と呼ばれる全身麻酔をして行う外科手術が必要でした。

一方インプラント矯正では、通常の矯正治療に比べて大きく前歯や奥歯を引っ込めることができます。今までは骨切り術が必要であったケースでも、症例によっては外科手術を受けずにインプラント矯正によってガミースマイルを改善できるようになりました。

インプラント矯正のメリット

  • 中度~重度のガミースマイルに対応
  • 外科手術のリスクを回避できる
  • 術後の痛みが少ない

骨切り術のような外科手術を受ける場合、全身麻酔や骨・お顔を切るといった様々なリスクが伴うだけでなく、治療後しばらく痛みや腫れが伴います。

一方インプラント矯正であれば局所麻酔で対応できるほか、強い痛みや腫れの心配もほとんどありません。術後の痛みや腫れも少なく、適応可能であれば外科手術のリスクを払拭する治療法と言えます。

インプラント矯正のデメリット

  • 治療期間が長い

インプラントアンカーを埋め込む手術自体は短時間で完了しますが、矯正治療の期間が2年~4年と長いことがデメリットです。歯を動かす期間に1年~2年・後戻りを防ぎ歯の位置を安定させえるのにさらに1年~2年ほどかかります。

インプラント矯正の流れ

  1. カウンセリングとご相談

    まずは患者さまのご希望について詳しくカウンセリングでお伺いします。年間200症例のガミースマイル治療を行う園延昌志が詳しく患者さまのご希望を伺い、現在のお口もと・歯並び・歯ぐきのご状況を検査し治療方法や治療計画について詳しくお話させていただきます。

    また、必要に応じて術後のシミュレーション画像を作成しお見せします。術後の歯並びや口もとの様子を知っていただけます。

  2. インプラントアンカーの埋入

    インプラントアンカーと呼ばれる矯正治療用のネジを固定源にする歯ぐきの骨部分に打ち込む施術を行います。

    消毒・麻酔の処置をしっかりと行ってから埋入施術を行うので、痛みや違和感はほとんどありません。また、出血もほとんどありませんのでご安心ください。

  3. 歯の移動

    歯並びやガミースマイルの程度に応じて通常の矯正治療と同様に矯正装置を取り付け、歯の移動を行っていきます。

  4. 保定観察

    イメージ

    歯の移動が完了し、歯の位置が安定したら矯正治療が完了です。スクリューを取り外し矯正治療を終了します。

インプラント矯正の料金

デンタルローン・医療費控除を受けていただくことができます。12回(最長1年)まで金利無料のデンタルローンや医療費控除を使うこともできます。お支払いにつきましても、気軽にご相談ください。

インプラント矯正(上下) 約120万円

インプラント矯正をお考えの方へ

インプラント矯正は、長くきれいな口もとをキープすることができる治療法です。

ガミースマイルの根本的な原因をまずはしっかりと把握し、併用する治療や治療期間について患者さまとしっかりとご相談し最適の方法をご一緒に考えていきます。

年間200症例以上のガミースマイル治療を行う当院にまずはお気軽にご相談ください。

ページトッップへ