歯冠長延長術(CLP) | オーラルビューティークリニック白金

歯冠長延長術(CLP)

  • セラミック治療
  • マウスピース
  • ガミースマイル治療
  • 術後シミュレーション

歯冠長延長術(CLP)

歯冠長延長術(CLP)

歯冠長延長術(CLP)は、歯の大きさが小さいことでガミースマイルを生じている場合に適応される治療法です。

また、歯の大きさは通常でも、歯ぐきが歯に覆いかぶさっていることでガミースマイルを生じている場合にも適用されます。

歯冠長延長術は、上唇粘膜切除術(LIP)やセラミック矯正といったほかガミースマイル治療とも併用されることが多い治療方法です。

歯冠長延長術(CLP)ってどんな治療?

歯冠長延長術(CLP)

歯冠長延長術(CLP)は本来見えるべき範囲の歯を露出させることで、ガミースマイルを改善する治療です。

ガミースマイルの軽度~中度の症例で用いられる事が多く、歯を支えている歯槽骨の整形を同時に行います。

歯冠長延長術(CLP)の特徴

歯の見える範囲が少ない・歯の大きさが小さい場合に用いられる歯冠長延長術(CLP)ですが、ほかのガミー治療と併用されることも多いのも特徴のひとつです。

ガミースマイルは、歯の大きさだけでなく歯並びの悪さや上唇の筋肉の発達など、複数の原因が同時に起因していることが少なくありません。

例えば歯冠長延長術とセラミック矯正を一緒に行うことで、歯の大きさ・歯ぐき・歯並び・歯の形を同時に治すことができます。

また、歯冠長延長術と上唇粘膜切除術を一緒に行うことで、歯の大きさと歯ぐきの位置・上唇の動く範囲を同時に治療できます。

歯冠長延長術は短期間で治療が完了するので、ほかのガミースマイル治療と併用しやすい方法と言えます。

歯冠長延長術(CLP)のメリット

  • 治療期間が短い
  • 後戻りしにくい

歯冠長延長術は治療期間が短く、後戻りしにくいことが大きなメリットです。例えばガミースマイル治療のひとつに歯肉切除による治療がありますが、数ヶ月で後戻りしてしまいます。

一方歯冠長延長術は後戻りの心配がほとんどなく、セラミック矯正などのほか治療を併用することで長く理想的な口もとをキープできます。

歯冠長延長術(CLP)のデメリット

  • ダウンタイムが必要

治療期間が短い歯冠長延長術ですが、歯冠長延長術の施術後から治療完了までに1週間~2週間ほどダウンタイムを取る必要があります。

歯冠長延長術(CLP)の流れ

  1. カウンセリングとご相談

    まずは患者さまのご希望について詳しくカウンセリングでお伺いします。年間200症例のガミースマイル治療を行う園延昌志が詳しく患者さまのご希望を伺い、現在のお口もと・歯ぐき・唇のご状況を検査し治療方法や治療計画について詳しくお話させていただきます。

  2. 局所麻酔

    施術箇所に表面麻酔を塗り、注射の痛みを感じない状態にしてから局所麻酔を打ちます。

    注射には細い針を用いて一定のスピードで注射を打つので、「チクっ」という注射特有の痛みが怖い方・歯の治療に恐怖心をお持ちの方にも安心して受けていただけます。

  3. 歯冠長延長術

    歯に覆いかぶさっている歯肉を切除し、歯の見える範囲を調整します。歯を大きく見せることで、歯ぐきと歯の大きさのバランスを整えます。

  4. 抜糸

    イメージ

    1週間~2週間ほどのダウンタイム後に最終チェックを行い、問題がなければ抜糸をして完了です。

歯冠長延長術(CLP)の料金

デンタルローン・医療費控除を受けていただくことができます。12回(最長1年)まで金利無料のデンタルローンや医療費控除を使うこともできます。お支払いにつきましても、気軽にご相談ください。

歯冠長延長術(CLP) 324,000円(前歯6本)、388,800円(8本)
歯冠長延長術(CLP)+上唇粘膜切除術(LIP) 通常料金594,000円→540,000円
歯冠長延長術+セラミック治療 324,000円~+セラミック1本159,000円
※4本目のセラミックは半額(79,500円)

歯冠長延長術(CLP)をお考えの方へ

歯冠長延長術(CLP)は短期間でガミースマイルを解消し、長くきれいな口もとをキープすることができる治療法です。

ガミースマイルの根本的な原因をまずはしっかりと把握し、併用する治療や治療期間について患者さまとしっかりとご相談し最適の方法をご一緒に考えていきます。

年間200症例以上のガミースマイル治療を行う当院にまずはお気軽にご相談ください。

ページトッップへ